京都大学再生医科学研究所google

English
HOME

交通案内
サイトマップ
ご意見・ご感想 年報 事務室 内部専用
研究室紹介
生体機能学研究部門
生体組織工学研究部門
再生統御学研究部門
再生医学応用研究部門
幹細胞研究部門
附属施設
情報公開ページ
 
ヒトES細胞プロジェクト
教員任期制に関する情報公開

教員公募案内
お知らせ
リンク
 
京都大学
国立大学附置研究所センター長会議
京都大学南西地区共通事務部
 
研究所の概要
所長挨拶| 沿革 | 組織
沿革

  本研究所は、平成10年4月9日に設置された。その前身である胸部疾患研究所は、昭和16年3月に「結核の予防及び治療」を主軸とする結核研究所として設置され、昭和42年6月には結核胸部疾患研究所に名称変更、さらに昭和63年4月には「胸部疾患に関する学理及びその応用の研究」を目的とした胸部疾患研究所への全面改組が行われた。一方、生体医療工学研究センターは、昭和55年4月に「医療に用いる新素材の開発研究」を中心とする医用高分子センターとして設置され、平成2年6月に「医療に用いる新素材の開発及び新素材を用いた新しい診断と治療」へと研究範囲を広げた生体医療工学研究センターに改組された。胸部疾患に関する研究・治療を取り巻く社会的要請の変化から、胸部疾患研究所は57年間にわたる使命を終え、平成10年度より、同研究所基礎系分野及び臨床系分野の一部と生体医療工学研究センターの全分野とが統合し、さらに医学研究科との協力により、「生体組織及び臓器の再生に関する学理及びその応用の研究」を目的とする再生医科学研究所に全面改組された。
  全面改組に伴い、胸部疾患研究所の臨床系分野の一部と研究所附属病院は、大学院医学研究科・医学部並びに医学部附属病院へとそれぞれ引き継がれた。
  本研究所は、平成10年4月の発足時は5大研究部門と附属再生実験動物施設で組織された。その後、平成14年4月に附属幹細胞医学研究センターが設置され、平成16年4月に研究部門の再編(1大研究部門減)の実施によりナノ再生医工学研究センターが設置された。平成16年10月には、住友電気工業(株)の寄附による寄附研究部門が4年間の時限で設置された。平成24年4月に幹細胞医学研究センターを改組し、幹細胞研究部門が設置された。現在5大研究部門(生体機能学、生体組織工学、再生統御学、再生医学応用、幹細胞)、2附属施設となっている。平成17年10月から平成22年3月まで、工学研究科、医学研究科とともに、ナノメディシン融合教育ユニットに参加した。平成24年度からは博士課程教育リーディングプログラム「充実した健康長寿社会を築く総合医療開発リーダー育成プログラム」に参加している。
  本研究所は、生命科学、医学、工学などの研究者が結集して再生医学の学際的基礎研究を推し進め、その成果の医学応用をめざすとともに、ヒトES細胞株の樹立機関として、樹立・特性解析を行ったES細胞を、全国の研究機関へ分配するナショナルバイオリソース事業を実施している。
  また平成20年10月には共同利用・共同研究拠点の認定を文部科学大臣より受け、再生医学・再生医療に関する共同研究を実施している。
  主な建物は、再生医科学研究所西館、再生医科学研究所東館(旧生体医療工学研究センター)、幹細胞医学研究棟(平成14年施工、平成24年名称変更)、南部総合研究実験棟(ウイルス研、医学研究科との3部局合同使用)(平成14年施工)の4棟となっている。

ページ先頭へ